読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレコレ研究所

あれこれと気になった事を綴っています





ほくろ消しにも使えるのか? タトゥーを消すクリームとは

最近、海外のsnsなどでは「タトゥーを消せるクリーム」 が話題になっている。

日本ではタトゥーはご法度な気風が有りますが、海外の国ではネイルサロンの様にあちらこちらにタトゥーを掘ってくれるお店があるそうで、わりとライトな感覚で入れる人が多いそうです。

しかしタトゥーは一度掘ってしまうとなかなか消すことは難しいので、掘ってから後悔する人が後を絶たないのだとか・・入れるのは低価格で、消すのは高額です。


失敗したタトゥーの内容で多いのが、
【その時の恋人の名前を彫る】これいやですね・・

一生一緒にいる相手ならそれは愛情表現としてアリかもしれません。
恋愛は別れがつきものです。いくら燃え上がる様な恋をエンジョイしていてもうまくいかない事もそりゃありますよ。。

自分の恋人や夫や妻に知らん男(女)の名前が彫ってあったら残念どころか、見るたびに嫌になりそうですね。

私の敬愛するジョニーデップは過去にウィノナ・ライダーと交際中に

【Winona Forever】(ウィノナ 永遠に)と彫りました。
その後、彼女とは破局してしまい。

残されたのは悲しいタトゥー、Winonaのnaだけを消し【Wino Forever】(ワイン 大好き)とし一件落着となりました。

彼らしいユーモアのあるアイデアだと思います。


話がズレましたので戻しますが、タトゥーを消すクリームを開発したのはカナダのダルハウジー大学で病理学を先行する学生でアレック・ファルキナムさん。
彼によれば自らのタトゥーを入れるときに、後悔無く消せるようにとまた、消す際のレーザーの痛みを伴わないで消す方法を考えていたそうです。

今回開発した商品はビシフォスフォネイト・リポソマル・タトゥー・リムーバルと言います。
クリームの働きをざっと説明すると、色素を吸着するマクロファージ細胞に直接働きかけることによりマクロファージの生成を促し、皮膚が新しい細胞に生まれ変わり、タトゥーが消える仕組みのようです。
レーザーで消す場合は75ドル〜300ドルかかるそうなので、お財布にも優しいですね。
ただし、今はまだ開発段階だそうなので、いつ発売されるかは未定です。(2015/12/11現在)

でもタトゥーないし、って人多いと思いますが、コレってほくろなどにも応用できたらすごいですよね!お手軽に消せるようになると世の中の悩みも少し減るかもしれません。この技術に期待!!